【ゲームガイド】
どんなゲーム?
 ダービーマウちゅうOWNER3は、競走用に生産されたチュウチュウと呼ばれるネズミを育てていくゲームです。  育てたチュウはレースに出走させ、他のオーナーが育てたチュウたちと競いながら、頂点を目指していきます。  対戦相手はコンピューターではなく、実際に他の誰かが愛情を注いで育てたチュウたちです。  ですから、熱いドラマが待っているのです!

 あなたの所有するチュウを、実際にこの世界で活躍したチュウたちから誕生させることも可能です。  競馬などでも重要視される血統ですが、この世界でもロマンを生み出す原動力になっております。

 ありとあらゆる楽しみ方が出来るダービーマウちゅうOWNER3の世界を、是非覗いてみて下さい。
料金は? プレイ時間は?
 登録及び、実際にプレイするのに一切の料金がかかりません。  有料コンテンツや、課金アイテムなどの存在もありませんので、完全に無料で御利用頂けます。

 プレイ時間は一日に数分程度。  長くやれば有利になるというものでもなく、逆に一切プレイできない期間があったとしても、特にペナルティは発生しません。  空いた時間、少しだけチュウの顔を見に来て下さるだけで十分です。  実生活に無理のないプレイスタイルでお楽しみください。
ゲームの始め方は?
 『オーナー登録』から、プレイするための手続きを行えます。  利用規約を御確認の上、問題ないようであれば、メールアドレス及び、この世界で利用していくお名前を入力してください。

 入力内容に問題が無かった場合、8桁の数字で構成されるIDと、8桁のランダムな英数字で構成されるパスワードが表示されます。  ゲームで遊ぶのに必要ですので、お忘れにならないようにメモをお願い致します。  もし、お忘れになられた場合でも、メールアドレスさえ覚えていればすぐに確認できます。(画面右上から再発行画面に移れます)

 画面右上でID、パスワードを入力すれば、OWNER3の世界にログイン出来ます!
最初に何をやればいい?
 オーナー登録を行った直後は、必須の存在であるチュウを一匹も所有しておりません。  『チュウ登録』から、最初に所有する事になる3匹のチュウを登録する手続きが行えます。

 距離適性が異なる3匹が用意されますが、距離適性そのものはすぐに気にする必要はありません。  というのも、最初は距離適性を問われないレースばかりだからです。

 とはいえ、チュウの個性の一つであるのは事実です。  毛色や距離適性を意識した名前をつけてあげてもいいでしょう。  もちろん、インスピレーションや好きなものの名前を付けてあげても問題ありません。  長い付き合いになりますので、愛情を注げるような名前を付けてあげて下さい。
どうやって育てればいい?
 チュウを所有すると「厩舎」にて『調教』が行えるようになります。  調教というのは、チュウをレースで活躍させるためのトレーニングです。  様々なメニューがありますが、メニューの詳細は調教画面にて御確認下さい。

 調教を行う事で、チュウの調子や、走り方が変わってきます。  ただし、スピードやスタミナの絶対値は全く変わりません。  沢山やれば強くなるというものではありませんので、あくまでレースに走らせるための準備とお考えください。

 尚、原則として開催日は調教が行えませんので、御注意下さい。(通常は日曜日)
レースに出走させるのには?
 調子を整えたら、いよいよチュウをレースに出走させましょう。  レースに出走させるのには「厩舎」の『出走登録』で出走登録を行います。  既に出走登録をしているチュウの場合、その登録を取り消すことも可能です。

 出走登録とその取り消しは、原則として月曜日〜水曜日に行えます。
レース出走が決まった後は?
 通常、木曜日に次の開催の枠順が発表されます。  枠順は「競鼠場」の『枠順確認』から確認する事が出来ます。

 所有チュウが出走する場合、「厩舎」から『作戦相談』が行えるようになります。  作戦相談で、そのレースでどのような走り方をさせるかを決める事が出来ます。  レースでの走り方については、能力の傾向や調教方針がとても大きな割合を占めています。  その為、プラスアルファして使える脚をどこで使うか、という相談になります。
どうすれば活躍させられる?
 レースでの作戦や、メンバーとの力関係など、様々なことがレースの結果を左右します。  その中で、最もレースの結果に影響するのは「チュウの調子」です。

 どれだけ素晴らしい作戦を授けても、どれだけ素晴らしい能力を持っていても、それを発揮できなければ意味がありません。  力が発揮できなければ、SランクのチュウがDランクのチュウに負ける可能性だってあるわけです。  ですから、チュウの調子、状態がとても重要になってきます。

 また、チュウたちはレースに出走できる回数に限りがあります(原則20回)。  ですから、競争人生に意味のないレースなどは一つもありません。  万全な状態で一つ一つのレースを迎えさせてあげることが大事になるでしょう。

 万全な状態でレースを迎えるためには、日々の調教と、それに対するチュウの反応が大事になってきます。  面倒かもしれませんが、こまめに面倒をみて、チュウたちの状態をしっかりと見極めるようにすることが、活躍につながってくるでしょう。
(C)2011 Sky All Rights Reserved.